仙台の矯正歯科
仙台駅から電車で5分
長町駅前 徒歩1分

Q&A

症状別Q&A

Q.

折れてしまった前歯、取れた(抜けた)前歯、がある場合の歯並びの治療

A.

転んだり、強くぶつけてしまい、前歯が折れたり、抜けてしまう事があります。このような歯がある場合の矯正治療では、まず、前歯の状態を確認して、検査を行い、残すことができるものであれば、抜かずにそのまま生かして治療を行います。

歯を並べるスペースや歯の状態によって生かすことが難しいもしくは抜いたほうが他の歯に負担が少ない場合は、歯を抜いて治療を行います。神経の治療をして、歯に詰め物や被せ物がある場合は、治療後に新たに作り直しが必要になることがあります。

かかりつけの先生と相談のうえ、早めに受診することをお勧めしています。仮歯のまま治療をしたほうが良い場合や矯正治療が難しい場合などがありますので、ご相談ください。

Q.

前歯のずれ、ねじれが気になる

A.

前歯が隣の歯とずれていたり、ねじれている場合、歯がきれいに並ぶスペースが不足していたり、下の歯とのかみ合わせが悪いために良い位置に生えていない事があります。歯ならびの矯正で、きれいに並べる際には、歯が並ぶ十分なスペースを作る、上下のかみ合わせを良くするなどして治療します。

子供の場合、過剰歯がある、生える順番が悪くねじれてしまうということもあります。

原因が何かによって治療方法が変わります。ご心配な際には一度ご相談ください。

Q.

口呼吸と歯並び(出っ歯)

A.

アレルギー性鼻炎や慢性的な鼻づまり、癖、スポーツで呼吸がしにくいなどの理由で口呼吸になってしまう事があります。

口呼吸をすると唇が歯を抑える力が弱まり歯が前に傾き、出っ歯になることがあります。

鼻炎の方は、耳鼻科を受診して治療する必要があります。癖やスポーツについては、意識して鼻呼吸をすると歯が前に傾く事を防ぐことができます。

出っ歯が原因で、口を閉じにくい場合は、歯並びの矯正が必要になることが多いので、お早めにご相談ください。

また、口呼吸が治っても一度前に傾いた歯がは、自然に元の位置に戻らない事があります。その際にも、歯並びの矯正で正しい位置に並べる必要があります。

Q.

前歯の突出感(出っ歯)の治療

A.

前歯が出ているのが気になる場合、歯が前に倒れている 角度が気になる場合や上あごが前に出ているのが気になる 場合があります。 前歯は目立つ場所なので、見えない装置(舌側矯正、マウ スピース矯正)や目立たない装置(白い装置)などをお勧 めしています。

Q.

大人の反対咬合

A.

大人の反対咬合を心配して受診される方には歯並びが全体的に反対になっている方、部分的に反対咬合になっている方がいらっしゃいます。

歯並び全体が反対になっている場合は、症状の程度によって、

・手術なしで治るケース
・手術が必要なケースに分かれます。

頭部のレントゲンを撮ると具体的な症状の程度が分かります。

部分的な反対咬合は、前歯の一部や奥歯の一部の反対咬合であれば、手術なしで治療ができる事があります。

反対咬合の手術が必要なケースは、健康保険が適用になります。

Q.

前歯のずれ、ねじれが気になる(大人の場合)

A.

前歯のずれやねじれが気になる場合歯が生える場所が狭いためにずれてしまっている事があります。

不足している場所を作って正しい位置に歯を移動させます。顎を広げる、歯のサイズを調整する、八重歯より奥の歯を抜くなどして治療していきます。

装置は、歯の表側や裏側に装置とワイヤーを着けるもの、マウスピースなどがあります。お気軽にご相談ください。

Q.

歯並びの凸凹(デコボコ)が気になる

A.

歯並びの凸凹(デコボコ)は、歯磨きがしにくい、食べたものが挟まる、写真に写ると歯が欠けているように見えるなど見た目や機能で問題が起こることがあります。

歯並びの凸凹を治す治療は、歯を抜いて場所を作って並べる、狭い場所を広げて並べるなどして、治療します。

あごの大きさや歯の大きさや数のバランスが原因で凸凹になっていることもあります。

大人では、凸凹の歯並びが自然に治る事はほとんどありません。

ワイヤーやマウスピースを使った治療で約1年半から2年で歯並びを整えていきます。

Q.

出っ歯を放っておくとどうなりますか

A.

出っ歯の程度にもよりますが、前歯が出ていると、転倒したときに歯を折りやすい、口が閉じにくい歯が乾く、あごが疲れやすいなどの顎関節の症状が出ることがあります。

虫歯やケガで大きな治療が必要な際にも出っ歯のまま治すことになる場合があります。

大人では、歯並びが自然に治る事はほとんどありません。

子供のころの出っ歯が自然に治ったというケースは、成長により下顎が大きくなることによるものや口呼吸が改善して良くなるものがあります。

Q.

前歯の凸凹(デコボコ)の治療

A.

前歯の凸凹(デコボコ)は、歯磨きがしにくい、 一か所の歯に強く力がかかってしまう、食べた ものが挟まりやすいなどの症状があります。 歯を抜いて場所を作って治す方法や場所を広げて 治す方法などで治療していきます。 歯磨きのしやすいマウスピースや虫歯になりにくい 裏側矯正、汚れが付きにくいセラミックの装置など もあります。

もっと見る
上部へスクロール